ZBrush キャラクタークリエーション – 高度なスカルプティングテクニック –

2011.11.22kickbaseBook


キャラクターデザインやクリーチャーデザインをメインに製作されている方は必携の良書だと思います。それ以外の分野でZBrushを使用されている方にも、得るものは多いでしょう。しかしながら本書はZBrush3.1を対象として執筆されており、ZBrush4と操作系が異なることも多いです。またZBrush4では使用しなくなった機能についての記載もあります。よってゼロからの入門書としてではなく、マニュアルを読破し、操作法をひと通りマスターした上で読むことをお勧めします。

チャプター2~6にかけて解説されている彫刻~テクスチャペインティングの流れは特に参考になります。ZBrushがバージョンアップしていくにつれ、操作法が変わりブラシの数が増えていくとしても、ここで紹介されている内容が無駄になることはないでしょう。ZBrushというアプリケーションの基本概念を実際の操作と合わせて上手く説明してくれています。

※後日紹介する「ZBrush スタジオプロジェクト: リアルゲームキャラクター」はZBrush4を対象とした書籍となっています。こちらも良書なので、2冊読むことでより深い知識を得ることができると思います。


ページトップへ