KeySnail | LDRnail

2011.12.01kickbaseBrowser


今回はKeySnailプラグインのうちのひとつ、LDRnailについてです。本ブログでも数多くのKeySnailプラグインを紹介してきましたが、その中でもLDRnailは横綱級のプラグインと言えるでしょう。WEBブラウジングの効率を大きく上げてくれる素晴らしいプラグインなのですが、livedoor Readerを使ったことがない人にはとっつきにくい部分もあると思うので、順を追って解説をしようと思います。

00 : livedoor Reader( ライブドアリーダー )
livedoor Readerはブラウザで閲覧するRSSリーダーです。livedoor Readerの特徴としてピン機能があります。これは「読みたい記事にピン( チェック )を付けておき、あとでまとめて別ウィンドウ( タブ )で開くことができる」という機能です。そしてこの機能はキーボードショートカットで操作できるのがポイントです。実際に使用してみると分かるのですが、非常に直感的で素晴らしい機能です。

01 : LDRize
上記のlivedoor Readerライクなショートカットキーを色々なサイトで使用できるようにしてくれるGreasemonkey用ユーザースクリプトです。snj14氏制作のこのプラグインが、WEBブラウジングをより高速に、快適にしてくれました。個人的にはこのプラグインのためにGreasemonkeyを導入したといっても過言ではない程お世話になったプラグインです。
特に検索結果サイト( GoogleやYahoo! )で効力を発揮し、「検索 → あとで読みたいサイトにピンをつける → 検索結果を数ページ見て候補がある程度上がったらまとめて開く」というフローで劇的に作業効率が向上できます。このフローにAutoPagerize系アドオン( 検索結果ページを自動で継ぎ足して表示するもの )と合わせて使用するとより効果的です。
※後述の理由により僕は現在使用していませんが、KeySnailユーザーでない方やGreasemonkeyを常用している方にはぜひ導入をお勧めしたいプラグインです

02 : メンテナンスの問題
LDRizeはGreasemonkey用ユーザースクリプトなので、当然ながらGreasemonkeyに依存しています。そのためGreasemonkeyがバージョンアップし、内部構造が変化してしまうとLDRizeが動かない!といった事が起こります。その度にLDRizeのソースにパッチを当て使用していましたが、FireFoxのリリースサイクルが短くなったこともあり、メンテナンスに時間がとられるようになってしまいました。そこで良い方法を探していたところ、LDRnailに出会いました。

03 : LDRnail
LDRizeをKeySnailプラグインに移植したものです。KeySnailプラグインを多く開発されている958氏によるプラグインで、KeySnailへの親和性の高さがポイントです。
958氏の開発スピードには驚くべきものがあり、Twitterで僕が「実験中。素晴らしい出来。ただexcludeはあるけどincludeがないのが?な感じ。特定のサイトだけLDRnailを許可するとかはできないのかな。」と呟いたところ、なんと当日中にご対応いただきました。この場を借りてお礼申し上げます。

ここでLDRnailのインストール方法と僕の設定まで紹介しておきます。

▼インストール
KeySnail Scripts – 958labで「LDRnailのinstallを右クリック → このプラグインをインストール」を選択します

▼初期設定ファイルの設定
僕は他のプラグインやキーバインドとの兼ね合いで、最小限の機能で使用しています。以下使用しているキーバインドです。
※サイトごとにキーバインドを変更するためサイトローカル・キーマッププラグインを使用しています

j:次に移動
k:前に移動
p:ピンを立てる( ピンを取り消す )
v:選択しているリンクをセルフ( 現在のタブ )で開く
o:ピンを立てたリンク/選択しているリンクをバックグラウンドで開く

またinclude_urlsオプションを使ってサイトを指定しているのは、できるだけ限定的( 基本的には検索に特化 )にLDRnailを使用するためです。

[2011.12.02 加筆]
プラグイン製作者である958氏より初期設定ファイルの書き方のアドバイスをいただきましたので、修正したものに書き換えました。
修正した箇所は下記の通りです

  • サイトローカル・キーマップ設定を削除:ldrnail.include_urlsで指定したページのみ指定したキーバインドが有効になるため不要
  • 未使用キーに対するnull指定を削除:ldrnail.keybindに記載しなければ良い。またバッティングするキーバインドを変更する例を追加(s→S)
  • ldrnail.include_urlsのURL指定修正:普通の正規表現で指定する
  • 初期設定ファイル(PRESERVE)

    plugins.options["ldrnail.include_urls"] = [
        "^http://www\\.google\\.(co\\.jp|com)/search.*",
        "^http://search\\.yahoo\\.co\\.jp/search.*",
        "^http://www\\.amazon\\.co\\.jp/s/.*"
    ];
     
    plugins.options["ldrnail.keybind"] = {
        'j': 'next',
        'k': 'prev',
        'p': 'pin',
        'v': 'view',
        'o': 'open',
        'S': 'siteinfo', // サジェスト付き検索優先するため、S に割り当て
    };
    

    958氏の開発されたプラグインは、FireFoxをEmacsに。KeySnailのすすめ5 拡張編 « DS LAB.でも紹介しています。ソースコードもとても参考になります。

    使い込めば使い込むほど手放せなくなる環境を提供してくださった開発者であるMOOZ氏、プラグイン開発者の方々に感謝しつつ、快適なWEBブラウジングを!

    参考サイト

    Greasemonkey | Firefox アドオン | Mozilla Japan の公式アドオン紹介サイト
    silog – script/LDRize
    LDRize | Macの手書き説明書
    Firefoxのショートカットを便利にするLDRizeとアドオン | Web scratch


    ページトップへ