undo-tree

2012.03.23kickbaseEmacs


ヒストリー履歴管理を木構造で表示してくれるパッケージの紹介です。使用法は下記の通りです。

01 : C-x uで木構造をグラフィカルに表示します( undo-tree-visualize )
02 : jで下に、kで上に辿ります
03 : ミニバッファに「Undo branch point!」と表示されたらh( 左 )、l( 右 )キーで枝を切り替えます
04 : undo-tree-visualizeを終了する場合は、qキーを押します
本例ではキーバインドをvi系移動に設定しましたが、Emacsの基本操作系のPNBFにしても良いでしょう

※初期設定ファイルはこちらに詳細を掲載しています。

init.el

;; undo の履歴を木構造で辿る
(require ‘undo-tree)
(global-undo-tree-mode)
(define-key undo-tree-visualizer-map (kbd "j") ‘undo-tree-visualize-redo) ;;vi系移動
(define-key undo-tree-visualizer-map (kbd "k") ‘undo-tree-visualize-undo) ;;vi系移動
(define-key undo-tree-visualizer-map (kbd "h") ‘undo-tree-visualize-switch-branch-left) ;;vi系移動
(define-key undo-tree-visualizer-map (kbd "l") ‘undo-tree-visualize-switch-branch-right) ;;vi系移動

参考サイト

EmacsWiki: Undo Tree
undo-tree.el の導入 – とりあえず暇だったし何となく始めたブログ


ページトップへ