第16回Creators MeetUp開催しました

2014.05.22crossnodeCreatorsMeetUp


2014年5月17日(土)株式会社gloops様本社にて第16回Creators MeetUpを開催しました。

今回も7名のスピーカーに登壇していただき、有益で充実した内容のセッションを堪能できました。
Togetterに当日のツイートをまとめておりますのでこちら(第16回Creators MeetUp – Togetter)もぜひご覧ください。さらに、ハッシュタグ「#cmujp」で随時情報発信していますのでぜひチェックしてください。

また、今回も協賛の日本マイクロソフト株式会社様からお土産として来場者全員にエナジードリンクをご提供いただきました。

セッション
01. 藪下 正美さん「できる!スマホアプリ:Webから始まるアプリ開発」
02. 西小倉 宏信さん「プログラマーの生産性をプログラミングの世界の外にも」
03. 小林 潤弥さん「gloopsにおけるデータマイニングの概要」
04. 千葉 礼美さん「エンジニアから飛んでくるマサカリを受け止める心得」
05. 大竹 孔明さん「業務効率化の重要性。MacのスーパーランチャーAlfredについて」
06. 河村 奨さん「すべての本棚を図書館に」
07. 加藤 貴さん「スタートアップの常識か!クラウドとビジネスとの関係性は?」

01. 藪下 正美さん「できる!スマホアプリ:Webから始まるアプリ開発」

02. 西小倉 宏信さん「プログラマーの生産性をプログラミングの世界の外にも」

Session02「プログラマーの生産性をプログラミングの世界の外にも」」
プログラミングの世界には「Github」などのWebサービスがあるので
コンピュータプログラムの内容を簡単に共有したり修正案を受け取ったり
それをワンクリックで取り入れたりできます。
しかし、一歩プログラマーの世界を出るとあらゆる文章が
Eメールに添付されて飛び交っています…。
そこのギャップを埋めるために僕達が開発・運営している
「Ruffnote(ラフノート)」について紹介させてください。

03. 小林 潤弥さん「gloopsにおけるデータマイニングの概要」

04. 千葉 礼美さん「エンジニアから飛んでくるマサカリを受け止める心得」

技術的内容に対して「それは違うよ!」を激しく指摘することをマサカリを投げると例えてよく言われます。彼らの指摘は厳しく、とても厳しく、そんな言い方しなくても!ってくらい厳しい。そんなマサカリの受け方をレクチャーしちゃいますっ!

05. 大竹 孔明さん「業務効率化の重要性。MacのスーパーランチャーAlfredについて」

06. 河村 奨さん「すべての本棚を図書館に」

このスローガンを掲げて、リブライズは2012年9月にWebサービスとしてローンチしました。本棚のある店舗やスペースに、図書館の機能を提供するオンラインのサービスですが、同時にオフラインのサービスでもあります。毎週リアルな場(カフェ)を設け、全国でもイベントを展開し、工場まであるというウワサ。一体リブライズとは何なのか、またリブライズの考えるデザインとは何か、その実態を語ります。

資料はこちら

07. 加藤 貴さん「スタートアップの常識か!クラウドとビジネスとの関係性は?」

~私は、Microsoft Azureで会社を軌道にのせました~
タブレット、ノートパソコンの情報漏えい対策のサービス「TRUST DELETE Biz」を手掛けるワンビ株式会社は、クラウド時代だったこそサービスインできた!その理由は何か?
裏話を含めてクラウドの利点やスタートアップの体験談をサクッとお話しします。なお、技術的ことは、ほとんどございません。どなたでもお気軽にご参加ください。

ご参加いただいたスピーカーと来場者のみなさま、会場協力いただいたgloops様ありがとうございました。
次回は6/21(土)開催予定です。みなさまのご来場お待ちしております。


ページトップへ