Creators MeetUp#46開催しました

2016.12.01crossnodeCreatorsMeetUp


2016年11月24日(木)マイクロソフト様にてCreators MeetUpを開催しました。
Togetterに当日のツイートをまとめておりますのでこちら(Creators MeetUp#46 – Togetter)もぜひご覧ください。さらに、ハッシュタグ「#cmujp」で随時情報発信していますのでぜひチェックしてください。

セッション
01.佐川 夫美雄さん 「AzureとAngular2、Wercker CIで開発ライフサイクル最適化」
02.野中 文雄さん「ルーローの三角形と図形問題」
03.木澤 朋和さん「Windows 10でLinuxのBashを! Windows Subsystem for Linux」
04.鈴木 将之さん「ZenHubによるチケット駆動開発入門」
05.武井 絵利菜さん「Riot.js ことはじめ」
06.高橋 忍さん「Microsoft x Design」

01.佐川 夫美雄さん 「AzureとAngular2、Wercker CIで開発ライフサイクル最適化」
最近、DevOpsやマイクロサービスなどのキーワードが盛り上がりを見せていますが、エンジニアとしては技術をどのように活用すれば良いのか悩むところです。今回は弊社でも利用しているAzureとAngular、CIを使った開発ライフサイクルについてのご紹介をします。

02.野中 文雄さん「ルーローの三角形と図形問題」
「ルーローの三角形」とは、運動学の父と呼ばれる19世紀ドイツの機械工学者フランツ・ルーローがつくり出した定幅図形です。平面上のどの角度から見ても、幅(径)が変わりません。この図形の性質や使い途をご紹介し、関連する中学程度の図形問題を解いてみます。

資料はこちら

03.木澤 朋和さん「Windows 10でLinuxのBashを! Windows Subsystem for Linux」
Windows 10 Anniversary Updateで新しく実装されたLinuxのシェルを動かす機能「Windows Subsystem for Linux」についてお話します。

04.鈴木 将之さん「ZenHubによるチケット駆動開発入門」
ZenHubを使用することで、GitHubのissues管理機能を大幅に機能強化する ことができます。 チケット駆動開発をすることにより、チームのタスクの進行状況を把握するなどのタスク管理がしやすくなります。 セッションでは、チケット駆動開発の初歩をZenHubを使用しながら説明します。

05.武井 絵利菜さん「Riot.js ことはじめ」
「Riot.jsは軽量で直感的で扱いやすいよ」と聞いて、使ってみました。Riot.jsを初めて使うにあたって、勉強したことや所感などを発表します。

06.高橋 忍さん「Microsoft x Design」

ご参加いただいたスピーカーと来場者のみなさま、会場協力いただいたマイクロソフト様ありがとうございました!


ページトップへ