注目キーワード
  1. 介護
  2. 看護師
  3. 薬剤師
  4. 保育士
  5. 転職

在宅勤務可能なカスタマーサポート・コールセンターの求人 100%在宅ワークで未経験でも安心して働ける仕事が増えている

新型コロナウイルス等をきっかけにリモートワーク・テレワークが推奨され、在宅勤務が可能な求人が増えてきました。

エンジニア等の職種は以前から在宅でのリモートワークは多かったのですが、最近はコールセンター業務やカスタマーサポート、ユーザーサポート等のお仕事も在宅ワーク可能なものが増えています。

パソコン等の必要な機材は企業側が用意してくれるため、インターネット環境が整っておりコミュニケーション(会話)がしっかりできて、最低限のPC操作が出来る方であれば就業可能なものも多いです。

ここでは在宅勤務に関する求人動向やそれに付随してコールセンター・カスタマーセンターでのお仕事の状況について簡単に見ていきたいと思います。
具体的に求人もご紹介いたします。

また、不採用になってしまう方の事例等も共有しますので、実際に応募を検討している方は面接前に参考にしていただければと思います。

なお、すぐに求人を見たい方はこちらで掲載されておりますのでご覧ください。

※英語が得意で英語を活かしたユーザーサポートがしたいという方はこちらをご覧ください。
※英語の案件は募集が終わりました。

一部在宅勤務OKな求人が増えているだけでなく完全在宅OKな転職先も増えている

例えば週の2日は在宅でOKで残りの3日は出社してくださいね、といったタイプの求人はとても増えています。
企業側も密を避けるため、働き方を柔軟にすることで社員の生産性をあげる、離職を避けるといったことを繋げるべくどんどん取り入れているところが増えています。

そのため徐々に柔軟に働くことができる企業は増えており、求人の採用要件を見ても徐々にリモート可のような求人は増えています。

ただ、完全在宅・リモートワークOKという求人はまだまだ少ないように思います。

特に、表題にも上げている、コールセンター・カスタマーセンター等の業務はお客様の個人情報を扱う仕事ですし、機器も必要となることから、まだまだセンターで仕事をする必要があったりして在宅ワークOKなところは少ないのが現実です。

当サイトのメインユーザーである、介護業界で働く方、看護師等はそもそも目の前のお客様・患者さんを相手に対面で仕事をする必要があることから、リモートワーク等はそもそも不可能というのが現実で、こうした職種で働く方々が在宅ワークできるようになるのは、難しいでしょう。

コールセンター・カスタマーセンターでは在宅OKのお仕事が増えている

コールセンター・ユーザーサポートのお仕事に関しては、ここ最近完全在宅で出来る求人が出てきています。

企業側がリモートワーク可能な機器(パソコン等)を貸与してくれるので、ネット環境(光回線)と騒音が入らず静かに業務ができる環境さえ自宅で作れるのであれば、完全に在宅で仕事をすることができます。

もちろん自宅ではありますが、困ったことがあればすぐにオンラインで上司に相談できる環境も整っているので安心です。

そのため、最近では飲食店等で働いていたが仕事がなくなってしまった、コロナウイルスが心配で外で働くのが怖い等の理由で完全在宅可能なカスタマーサポート・ユーザーサポート関係の仕事に就く方が増えています。

コミュニケーション能力が一定度あれば未経験でも採用してもらえる可能性がとても高いため、飲食や介護、セールス等をやっていた方が転職されるケースも増えています。

在宅でのコールセンター・ユーザーサポートの仕事はそもそもどういったものなのか?

少し前置きが長くなりましたが、在宅でのコールセンター・ユーザーサポートの仕事について見ていきたいと思います。

コールセンターやユーザーサポートというと、大きなオフィスがあり、そこで電話やチャットでお客様に対して質問等の受け答えをしているイメージをお持ちの方が多いかと思います。

在宅のコールセンター・ユーザーサポートはそれらを各員が自宅で行えるように機材を企業側が用意し、しっかりWebで研修を行い、詳細なマニュアルも準備してくれます。
あなたが整えるのは自宅の環境(ネット回線や静かに仕事ができる部屋等)だけです。

研修もマニュアルもしっかりしており、実際に業務が始まればオンライン上で困ったことやトラブルも相談できるので、これまでこうした業務をやったことが無い人でも比較的スムーズにこなせるようになっています。

この在宅の仕事が人気の理由は、やはりなんといっても通勤が必要が無いということです。
家から出ずに仕事ができるので、何かしら制約があるといった方にもおすすめです。

具体的にどのようなお客さんのサポート担当になるのか?

ありとあらゆる業種・業界でユーザーサポート・コールセンターがありますので、一概に断定することはできませんが、例えば通販・EC等の問い合わせ対応やIT製品のサポート、テクニカルサポートなど、一般的なコールセンター・カスタマーサポートと同じような仕事・お客さんが相手となります。

IT製品等については技術的に詳しい必要はなく、製品知識をしっかり事前勉強・研修する機会があるので誰でもこなすことができます。

若い未経験の方や主婦でブランクのある方までありとあらゆる方が業務を行えているので、未経験者でも安心して働くことが出来るでしょう。

在宅ワークだから日本全国どこに住んでいても転職が出来る

この完全在宅ワークの良いところは、あなたの自宅で仕事ができる=どこに住んでいても就業することができるということです。

北海道から沖縄まで、インターネット回線が整っていればどこにお住まいでも仕事をすることができるので、現在自宅近くに良い仕事がなくて困っているといった方や電車にのって職場にいくのがちょっと怖いといった方まであらゆるニーズに応える形でお仕事をしていただくことが出来ます。

それに、自分の家だから人目を気にせず落ち着いて働くことが出来るでしょう。

在宅ワークにしては時給・給与が高い

時給・年収は一般的な在宅勤務案件よりも高めです。

給与形態に関しては企業によるため一概に言えませんが、例えば未経験者でも時給1900円からスタートという案件は多いです。

その他の在宅ワークと比べると給与水準はかなり高めなので、多くの方が応募している状況です。

ちなみに時給や年収の部分に関しては、英語等の語学力がある方は高めになります。
最近はグローバル展開している企業も多く、日本語と英語の両方ができるコールセンタースタッフやカスタマーサポート担当者は優遇されると見ていいでしょう。

在宅勤務・通勤時間0分で100%在宅ワークのカスタマーサポート・コールセンターの求人

ここからは具体的に求人をご紹介します。
気になる方は掲載先より応募問い合わせしてみてください。
※在宅のお仕事は人気なので掲載元の求人が終了してしまっていたら申し訳ありません。

求人募集内容

在宅勤務のため、あなたのお住いの場所で働けます

◆通勤がないため、
たくさんのメリットを感じていただいています!
◆満員電車が辛い方、公共交通機関が身近になく、働く場所に困っている方など歓迎です!

約40名の部署です。在宅勤務のため北は北海道から南は沖縄まで色々な場所からバーチャルな環境でチームワークをしております。年齢も20代から40代後半の方まで幅広く所属しております。

【業務に必要な環境、モノ】
・インターネット回線(光ファイバーのインターネット固定回線、Wifi不可)

経験がなくてもコミュニケーション能力がありPC作業が苦にならない方であれば問題ございません。
すべてバーチャルな世界なので、チャット等お好きな方は特にフィットしやすいかもしれません。

在宅の仕事はすぐに埋まってしまうので早めに問い合わせ、求人が出た際に紹介してもらえるようにしておくと良い

上記で在宅のコールセンター案件を紹介しましたが、在宅のみでいいという求人はそれほど多くありません。
そのため、求人があるうちに早めに問い合わせをしておくと良いでしょう。

今回だめでも出てきたときにすぐに紹介してもらえるようにしておくのも良いかと思います。

在宅コールセンター・カスタマーサポートのお仕事をしたことのある方の声

ここで紹介した求人と同じ仕事だけではありませんが、実際に在宅勤務でのコールセンター業務に従事したことのある方の声を紹介します。

性別 年齢 満足度 感想・レビュー
女性 40代コールセンター未経験 満足 コールセンター業務は初めてでしたが、研修期間が1か月以上あったため、未経験でも安心して働くことが出来ました。研修自体もオンラインで行われるので、その期間でネットだけで仕事を完結させることにも慣れることが出来ました。
女性 40代コールセンター未経験者 満足している 完全在宅で働くということが初めてでした。在宅は正直助かるなと思う一方で、在宅できちんと仕事ができるか不安もありました。ただ、仕事で使う道具は全て企業側から支給されますし、コールセンターでの業務内容もちゃんと研修でみっちりやってくれるので、パソコン操作さえ出来る方なら誰でもチャレンジできると思いました。
男性 50代男性元営業 満足した 正直なところ、コロナウイルスの影響で仕事がなくなり、再就職も難しかったことから仕方なく始めたというのが本音です。コールセンターなんて自分がやるとは思っていなかったですし、おじさんでも大丈夫なのか?という心配はありましたが、問題無くできております。元々営業でしたから人に説明するのは慣れていたということと、パソコン操作も仕事でよく使っていたので、コールセンターならではの言葉の使い方やアクションさえ覚えれば出来る仕事だなと思いました。ただ、神経は結構使うので慣れるまではかなり疲れました。
女性 20代元飲食 やや満足した 新型コロナウイルスを機に、飲食を辞めました。在宅で仕事がしたいと思い探していたところ、完全在宅OKでしかも未経験でもチャレンジできるカスタマーサポートのお仕事があったので応募しました。面接から研修まで全てネット上でしたが、あまりオンラインツールを使ったことがなかったので、少し不安もありましたが、数日で慣れました。元々飲食の接客をやっていたので、しゃべることに抵抗はなかったので、オンライン上で仕事をすることに慣れさえすれば仕事自体は割と簡単です。コミュニケーションを取れる方であれば比較的やりやすい仕事なのかなと言う印象です。ただ、クレーム対応等もあるので、そこに抵抗がある方や傷つきやすい人は、最初は負担があるかもしれません。
女性 30代主婦 やや満足した 以前コールセンターの仕事をしていたので、コールセンター業務自体には抵抗はありませんでした。ただ、在宅ということで、自分のお部屋がコールセンターになるということなので、生活音などの雑音が業務中お客様に入らないように注意しなければならないというところがネックかなと思います。ペットを飼っていたりすると鳴き声出たりするかと思いますので、そうした音への対策がちょっと面倒だな、と思いました。ただ、それでも完全在宅でできるという魅力は大きいです。
女性 20代元百貨店勤務 普通 完全在宅ということで、正直仕事を軽く見ていた節がありました。確かに完全に在宅の仕事ではありますが、やはり職場がただ家になるってだけの話なので、しっかり顧客対応はしなくてはならないので、神経は使います。もっとも、これは当たり前のことかもしれませんが。なので、在宅だからすごく楽チンなんでしょ?とか思っている人は注意が必要です。ちゃんとした仕事で、お客様がいる仕事ですから責任感は持つ必要があります。
女性 50代主婦 やや満足した コールセンターのお仕事は初めてでしたが、未経験でも出来るように研修プログラムが組まれているので、比較的安心して取り組むことができると思います。1点だけ面倒だったのが、コールセンターのお仕事ということで、「音」への配慮が必要と言うことです。外で犬の鳴き声がしたりして相手に聞こえてしまったりすると、大きなクレームに繋がる可能性がありますので、そうした音への対策が必要です。私は遮音カーテンを念のため購入し、仕事に臨んでいます。まあ安いのでいいのですが、このあたりは在宅で仕事をするにあたって、いかに環境を整えられるかというところと個人の意識の問題もあるのかもしれません。
女性 30代元アパレル店員 満足 コロナウイルス問題をきっかけに在宅ワーク可能な仕事を探して、在宅コールセンターという求人にたどり着きました。完全シフト制なので、在宅だからといって気軽に休んだりすることができないので、いわゆる普通の仕事と同じです。家が職場になったという感覚です。ただ、家で仕事ができるのがかなり気が楽ですしコロナの不安を抱えて仕事しなくて良くなったので助かっています。
女性 40代コールセンター未経験者 やや満足した カスタマーサポート経験はありましたが、家でこうした業務をするのは初めてでしたので不安はありました。エスカレーション時等どうするのかなど不安はありましたが、システム自体がしっかりしており、意外と問題無くこなせるものなのだなと感じました。コールセンターを在宅でやるという発想はありませんでしたが、やってみたら楽で良かったです。あと、これは人によると思いますが、人と関わらずに仕事ができるので、人間関係という意味でも在宅ワークは楽でいいです。
男性 30代接客業 やや満足した 男がコールセンター?って思いましたが出来ました。元々PCが好きで、各種メーカーの製品などにも詳しかったことから、それらの知識がむしろ活きる仕事ということで採用されました。在宅勤務はエンジニア等のどこでも仕事ができる職種の人たちだけだと思っていましたが、こういうのもあるんだなと思いました。

上記はあくまで一例となりますが、在宅コールセンター・カスタマーサポートのお仕事は意外と誰でもこなせるということがわかるかと思います。
慣れさえすれば、誰でも出来るお仕事ですので、気になる方は一度問い合わせて見ると良いでしょう。

ただ、上記のレビュー内にもありましたが、在宅だからといって、仕事を軽く見てはいけません。
面接などでは在宅ワークということで、責任感をもって仕事に取り組める人物かどうかはしっかりチェックされますので、そこだけは勘違いしないように注意しましょう。

面接対策等はいる?在宅コールセンター・カスタマーサポートの求人応募で採用・不採用になってしまう方のそれぞれの特徴や選考内容について

最後に、実際に選考を受けたことがある方に意見を伺いました。
残念ながら不採用になってしまった方もいらっしゃるのですが、共通する失敗がいくつかありますのでご参考ください。

また、具体的に面接ではどのような質問があるのか、選考では面接意外にどのようなことが行われているのかも記載してあります。

在宅コールセンター・カスタマーサポート求人の面接を受けた方のレビュー・感想

東京都:20代・女性(採用)※コールセンター未経験者
面接ではこれまでの経歴と志望動機について、後はコミュニケーション能力の有無について問われるような質問がありました。
それほど難しい面接ではなく、ごくごく一般的なありふれた内容です。
コールセンターという仕事は、何かしらのサービスを利用している方が疑問に思っていること、わからないことを質問しに電話をかけてくるケースが多いかと思いますので、相手にわかりやすく丁寧に説明できるかといったような能力を見ているのではないかなと思いました。
私の場合は未経験者でもOKな求人でしたので、最低限のコミュニケーション能力があるかどうかといったことを見られているのかなと感じました。


北海道:40代・女性(採用)※コールセンター未経験者
在宅カスタマーサポートの求人に応募しましたが以下のようなものが選考で行われました。
・タイピングテスト(自宅でタイピングテストを受験※簡単でしたので普通にPC使える人なら問題ないです)
・インターネットの回線チェック(光回線じゃないとダメなようでした)
・適正テスト(性格診断のようなもの等の簡単なものです。結果によって合否が決まるわけでは無く、どのようなクライアントを担当するかの参考にするようです)
・面接(特に面接対策等は不要と思いました)

基本的に選考そのものは簡単なものばかりでした。面接時に確認されるのは、お客様対応の仕事であるということから、言葉づかいやコミュニケーション力が見られるのかなと感じました。
確認事項として、生活音が入らないようにしなければならないとかそういった確認事項はありました。在宅でコールセンター業務となると当然と言えば当然なのかなと思いました。
このあたりは、自宅の環境などによるため、本人の能力とは関係ないところで合否が決まることもありそうです。ただ、そこまで完全防音である必要はなく、静かな環境で仕事ができれば問題無さそうです。


埼玉県:30代・女性(採用)※コールセンター経験者
コールセンターでの業務経験はありましたが、完全に自宅で、というのは初めてでした。
面接では過去の経験とどんなクライアントを担当していたのか、技術的(パソコン等)なものの経験はあるのかといった確認です。
適正により、クレーム処理が多くなるようなところへ配属されるケースもあれば、簡単な手順だけを説明すればいいものまで様々あるので、それを見極めていたのかなと言う印象です。なお、担当するクライアント(難易度)により時給が変わることが多いです。

埼玉県:20代・女性(不採用)※コールセンター未経験者
面接で不採用となりました。
在宅ワークと言うことで気軽に面接を受けましたが、責任感がない、社会人としてのマナーが足りない、ということでの不採用です。
一般の面接と同じように、しっかり姿勢をただし、ちゃんとやらないとダメみたいです。

千葉県:20代・女性(不採用)※コールセンター未経験者
面接そのものはごくごくありふれた内容です。
ただ、在宅ワークということで、お部屋(自宅)の環境等も選考基準になるようで、ペットの鳴き声が面接中に入ってしまい、コールセンター業務中にこうしたものが入ってしまうと非常にマズいようで、NGとなりました。
後から、ペットの声が入らないようにできると説明しましたが、ダメでした。
確かに配慮しなければならなかったなと思いますが、事前にペットや生活音の対策をしたうえで面接受けた方が良さそうです。ちょっと油断してました。

神奈川県:60代・女性(不採用)※コールセンター未経験者
PC操作に難があり、不採用となりました。
コールセンターというと電話の対応だけかと思いましたが、チャット等も使うようで、タイピングができないとダメなようです。
普通にタイピングできれば問題ないようなのですが、私の場合、かなりスピードが遅いので不採用となりました。

静岡県:30代・女性(採用)※コールセンター未経験者
コールセンターの仕事は初めてでしたが、面接は簡単で、内定をもらうことはそれほど難しくないです。ただ、全てオンラインでの業務になるので、面接もZoomのようなオンライン面接で行われます。そのため、オンラインに抵抗がある方は難しいかなと思いました。ただ、これから先の時代、こういうのに慣れていかないと厳しいのかなと感じてます。

東京都:50代・女性(採用)※コールセンター未経験者
面接では以下のような質問がありました。

・これまでの業務経験についての質問(私の場合スーパーでのレジ打ちと若いころにやっていた受付業務に関して)
→意図としてはコミュニケーション力があるかどうかといったことと、きちんと筋道立てて、相手にわかりやすく説明できるかどうかを確認しているものと思われます。

・トラブルが発生した際どのように対応するか的な質問
→チームとコミュニケーションをとって仕事ができるかどうかといったことや、在宅勤務ということで、トラブルが発生した際にすぐ近くに状況を逐一チェックしている上司がいない(オンライン上にいる)ことから、そうした中で責任感を持って仕事に取り組めるかどうか確認されるような質問。
自身で解決の道を探りつつも、ちゃんとオンライン上にいる上司に相談をあげられるかどうかといったことがポイントなのかなと思いました。一言で言うとコミュニケーション力かと思います。

・その他自宅の環境などについて
→インターネット回線(有線で光)、静かな環境を作れるか、その他諸々一般的な確認事項。

<所感>
基本的にコミュニケーション能力の有無が合否をわけるのかなという印象です。
コミュニケーションと言ってもみんなでワイワイ騒ぐのようなコミュニケーションではなく、相手にものごとをわかりやすく伝えられる(伝えようとしているか)といったことです。
そうはいってもそれほどハイレベルなコミュ力が要求されているわけじゃなく、明かにダメそうな人をふるいにかけているんだと思いました。

北海道:40代・男性(採用)※コールセンター経験者
経験者採用枠のポジションで、クレーム処理が多い顧客を担当する部門への配属という前提での面接でしたので、過去の経歴や経験はしっかりチェックされましたし、該当製品ジャンルの知識等も確認されました。
クレーム処理が多いポジションの場合、人によっては嫌になってすぐ辞めてしまうケースも多いので、メンタル面もチェックされます。
ただ、基本的に適正テストが行われるので、適性検査の結果を見て、クレーム処理的な難しい案件部門での配属なのか、比較的簡単な部類のものになるのかが決まることが多いように感じます。
なお、どういったものを担当するかでお給料は結構変わります。

上記は一例となりますが、選考内容としてはそれほど難しいものではありません。

在宅ワーク且つWeb面接ということで油断して落ちてしまうという方がいらっしゃる程度です。

通常の面接同様に臨めば大半の方が内定はとれるようです。

介護士・保育士・看護師・薬剤師等各職種ごとにおすすめの転職サイトを紹介しています。
転職に失敗しないコツなんかも紹介していますので、転職をお考えの方は是非ご参照ください。